ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 受動態

受動態

受動態の用法

受動態は、主語が他者からの動作・働きかけを受け「~される」という意味になります。受動態の基本の形はessere+過去分詞ですが、イタリア語の受動態は他にもいくつかの形がありますので、意味の違いを理解し使い分けができるようになりましょう。

essere+過去分詞

be動詞+過去分詞で受動態を作る英語同様、イタリア語でもessere+過去分詞で「~される」という受動態を作ります。実際の動作主は前置詞daを使い「~によって」で表されます。

essere+過去分詞を使った例文

  • Quel ragazzo e' amato da tutti.
    (あの少年はみんなから愛されている)
    意味上の動作主はtutti(みんな)です
  • Questa borsa e' stata disegnata da lei.
    (この鞄は彼女によってデザインされた)
    時制が近過去の場合、過去を表す助動詞essere+受動態を表すessereの過去分詞+動詞の過去分詞になります。全て主語に性・数一致させます

venire+過去分詞

venire+過去分詞でも「~される」という受動態を作ります。実際の動作主は前置詞daを使い「~によって」となりますが省略されることもあります。essere+過去分詞とは違い、venire+過去分詞の受動態は複合時制(essere venuto+過去分詞)で使うことはできません

venire+過去分詞を使った例文

  • Questo posto viene visitato da tutti.
    (この場所はみんなから訪問される → この場所はみんなが訪れる)
    意味上の動作主はtutti(みんな)です
  • Questa macchina verra' controllata da un meccanico.
    (この車は整備士によって検査されるでしょう)
    過去分詞は主語に性・数一致させます

andare+過去分詞

andare+過去分詞で「~されるべきである」という受動態を作ります。andare+過去分詞の受動態は動作主を明確に示さず、一般的な事柄として使われます。dovere+essere+過去分詞と同様の意味になります。また、venire+過去分詞の受動態と同様に複合時制(essere andato+過去分詞)で使うことはできません

andare+過去分詞を使った例文

  • Questa salsa va consumata in 2 giorni.
    (このソースは2日以内に消費されなければいけません)
    Questa salsa deve essere consumataと同様の意味になります
  • Questo vestito va lavato a mano.
    (この衣類は手洗いされなければいけません)
    Questo vestito deve essere lavatoと同様の意味になります

受け身のsi+三人称

si+三人称単数形もしくはsi+三人称複数形で「~される」という受動態を作ります。形は再帰動詞の三人称と同じ形になりますが、受け身のsiには必ず主語が必要で、一般的な事柄として使われます。

受け身のsi+三人称を使った例文

  • Non si usa questo parcheggio.
    (この駐車場は使われていません)
    questo parcheggioが文法上の主語になります
  • Qui si vendono tanti libri.
    (ここではたくさんの本が売られています)
    tanti libriが文法上の主語になります

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

THE OUTNET 728x90 2