ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

Eメール:もしメールが病気なら

14/1/2006

E-mail: se la posta e' una malattia

Crescono i dipendenti da mail

Una volta si doveva attendere il postino che, bene che andasse, passava una volta al giorno. Ora, nell'era della tecnologia, con la posta elettronica si puo' ricevere una comunicazione in qualunque momento e, per molti, il controllo della propria casella e' diventata una vera e propria malattia. Secondo uno studio, il 21% degli italiani controlla la posta in maniera compulsiva piu' volte al giorno.

Sono molti ormai quelli che, spento il computer a notte fonda, la prima cosa che fanno non appena riaperti gli occhi e riaccenderlo. Per poter controllare qualche possibile nuovo arrivo della notte. Il tutto prima ancora di prendere il caffe' o lavarsi la faccia. Secondo quanto emerge da una ricerca resa nota dal Corriere della Sera, sono ormai tre su quattro gli italiani che soffrono di dipendenza da messaggi elettronici.

Uno studio analitico e' stato condotto dalla societa' di sofware Symantec. Da esso emerge che il 49% degli interpellati e' composto da "disciplinati": controllano la posta in media due volte al giorno e con il computer hanno ancora un approccio razionale. Ma la loro categoria e' a rischio di molti e il timore di finire con il rimanere "intossicati". Il 21% invece e' di "dipendenti totali", che controllano la casella in maniera compulsiva piu' volte al giorno. Poi c'e un 16% diviso tra "tecnofobici" (usano la posta per necessita' ma ne farebbero a meno) e "sopraffatti", ovvero coloro i quali, bombardati da email, non sanno come reagire.

  • revocare 取り消す
  • analitico 分析の・分析的な
  • emergere 浮かびあがる
  • interpellato (m) 質問された人
  • comporre ~になる・構成する
  • disciplinato (m) 規律に従う人・苦行信仰者
  • approccio (m) 接触・取り組み
  • razionale 理性的な・合理的な・目的にあった
  • in media 平均して
  • categoria (f) 等級・部類・範疇
  • ovvero すなわち・あるいは

Eメール:もしメールが病気なら

メール依存症が増えています

かつては1日1回来る郵便屋さんを待たなければいけませんでした。テクノロジー時代の今日では電子メールでいつでもコミュニケーションをとることができます。そのことにより多くの人にとって郵便箱をチェックすることはまさに病気になったようです。研究によるとイタリア人の21%が1日数回以上、過剰にメールをチェックしています。

深夜はコンピューターを消していますが、目を覚ましコンピューターをつけるやいなや一番最初にするのはメールチェックという人は今や多くに上ります。それは寝ている間に新しいメールが来ているかもしれないとチェックするためで、カフェを飲む前・顔さえ洗う前に行われます。コッリエレデッラセーラ紙上で注目されるようになった研究で浮き彫りにされるように、今や電子メール依存に苦しむイタリア人は4人のうち3人になります。

ソフトウェア会社のシマンテック社によってその研究分析は進められました。その分析で質問された人の49%が1日に平均2回メールをチェックしその他にもコンピューターに接触するという規律正しい人によって構成されていることを示しています。彼らのカテゴリーは多くの危険性があり中毒になる可能性も秘めています。しかしながら21%の人が1日に数回という過剰にメールをチェックする完全な依存です。そして必要以外使わない人とどう反応すればいいのかすらわからないような使い方の知らない人が16%になります。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati