ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

投石、ベイビーギャング追い込まれる

2/2/2006

Lancio sassi, sgominata baby gang

Ancona, episodio vandalico sull'A14

Tre minorenni sono stati arrestati per lancio di sassi da un cavalcavia ad Ancona nella notte fra il 10 e l'11 dicembre. La pietra colpi' il lunotto di una corriera in transito lungo l'A14 con 33 gitanti di rientro a Camerano. Il presunto capo della banda, un 17enne, e' stato rinchiuso in carcere a Bologna. Per gli altri, la fidanzatina del capo e un terzo amico, entrambi quindicenni, l'obbligo di restare in casa.

Prescrizioni di condotta (non frequentare determinati luoghi e rientrare in casa ad un certa ora) sono state imposte infine all'ultimo componente della baby gang, anche lui di 15 anni. Per tutti l'accusa e' gravissima: tentato omicidio continuato aggravato da futili motivi. Il 17enne e la sua amica del cuore hanno sempre negato ogni accusa, mentre il 15enne ora agli arresti domiciliari aveva confessato tutto alla polizia stradale, che in pochissimo tempo identifico' il gruppetto anche grazie alla testimonianza di un camionista.

Secondo la procura, i quattro avrebbero condotto un sopralluogo prima del raid del dicembre scorso, e sarebbero responsabili anche di un precedente lancio di sassi, l'11 novembre, quando mandarono in frantumi il lunotto anteriore di un camion. Anche quella volta, come con il pullman di Camerano, solo per miracolo nessuno rimase ferito.

  • sgominare 追い散らす・打ち破る
  • vandalico ヴァンダル人の・野蛮な
  • determinato 限定された・所定の・決意した・動じない
  • cavalcavia (f) 陸橋・橋
  • lunotto (m) 後部窓
  • corriera (f) 定期バス
  • presumere 推測する・うぬぼれる
  • banda (f) 盗賊団・楽団・ゲリラ隊
  • rinchiudere 閉じ込める
  • prescrizione (f) 規定・処方・時効
  • condotta (f) 品行・態度・指揮・処理・導管
  • futile くだらない・無用な
  • negare 否定する・断る
  • testimonianza (f) 証言・証拠
  • procura (f) 検事局・代理行為
  • condurre 連れて行く・状態にする
  • sopralluogo (m) 現場検証・実地調査
  • raid (m) 襲撃・長距離レース
  • in frantumi 粉々に

投石、ベイビーギャング追い込まれる

アンコーナにてA14高速道路の野蛮な事件

3人の未成年者がアンコーナにて12月10日から11日にかけての夜中に陸橋から投石し逮捕されました。石はA14高速道路沿いのトランジットでカメラーノ行きの33人の旅行客を乗せた定期バスの後部窓に直撃しました。そのグループのリーダーと思われる17歳の少年はボローニャの留置所に送られました。その他にそのリーダーの恋人と友人(双方15歳)は自宅拘禁の処分となりました。

ベイビーギャングの最後のメンバーである15歳の少年にも特定の地域の出入り禁止・特定時間までに家に帰るなどの指導処分が課されました。くだらない動機による一連の殺人未遂事件に対し非難は深刻です。17歳の少年とその恋人はすべての事件に関し否定していました。一方、自宅拘禁に処された15歳の少年はすべてを警察に供述し、トラック運転手の証言もあり警察はわずかな時間で犯人グループを特定することができました。

検事局によると4人は12月の襲撃の前に前もって調査していたようで、11月11日のトラックの前窓を粉々にした投石事件にも関与しているようです。カメラーノのバスを含め今回もだれもけが人が出なかったのは奇跡といえます。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati