ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

トリノ2006、TAV反対団体が聖火リレーを中断させる

6/2/2006

Torino 2006,No-Tav deviano fiaccola

Per contestazioni subito a Bardonecchia

La Fiamma Olimpica e' stata dirottata su Bardonecchia a causa delle proteste dei No-Tav. All'uscita di Susa (Torino), dopo che i tedofori erano passati in mezzo ad ali di folla, a volte minacciosa, che urlava slogan contro la linea ad alta velocita' gli organizzatori del viaggio hanno deciso di rinunciare. I dimostranti avrebbero voluto bloccare la fiaccola. Sul posto presenti numerosi poliziotti e carabinieri.

Al 57.mo giorno del suo giro d'Italia, la fiaccola ha comunque raccolto anche tantissimi applausi, sguardi ammirati e commossi da persone di ogni eta'. E a Condove, il comune a valle di Bussoleno, e' stata forte la delusione delle 2-3 mila persone che si erano radunate per festeggiare il simbolo di Olimpia che non e' mai arrivato.

L'incidente diplomatico, a cinque giorni dall'inaugurazione dell'Olimpiade di Torino 2006, ha irritato il presidente del Cio Jacques Rogge e tutto l'esecutivo del comitato olimpico mondiale, in riunione al Lingotto di Torino. Lo stesso Mario Pescante, supervisore del Toroc, si e'infuriato. Pescante ha poi annunciato che per questo episodio chiedera' scusa al Cio per l'ennesima contestazione alla fiaccola da parte dei No Tav.

"Provo grande amarezza e disagio - ha confidato -. Ho appena parlato con il presidente del Cio Rogge e sto rivedendo il discorso che pronuncero' di fronte all'Executive Board per chiedere scusa di quanto accaduto". Pescante spiega di non avere "la piu' pallida idea di cosa possa ancora capitare. E' una situazione fuori dal controllo di chiunque".

  • deviare 軌道からそれる・はずれる・脱線する・転向する・脱線させる・そらせる
  • fiaccola (f) たいまつ
  • contestazione (f) 意義申し立て・否認・抗議者・反抗者
  • dirottare 周り道させる・乗っ取る・航路を変更させる
  • tedoforo (m) たいまつ持ち・聖火ランナー
  • minaccioso 威嚇して・恐ろしい・脅かすような
  • dimostrante (m/f) デモ参加者
  • radunare 集める・山積みする・集まる
  • supervisore (m) 指揮・監督・スーパーバイザー
  • infuriarsi 激怒する・凶暴になる
  • amarezza (f) つらさ・苦しさ
  • pallido 青白い・弱い

トリノ2006、TAV反対団体が聖火リレーを中断させる

バルドネッキアで抗議者による被害

オリンピックの聖火リレーがTAV反対運動のためバルドネッキアで回り道させられました。トリノのスーザの出口にて聖火ランナーたちが群集の間を通った際、群集は時折威嚇したり高速鉄道反対のスローガンを叫んだりしたため聖火リレー主催者は中止することに決めました。デモ参加者は聖火リレーを中止させたかったのでしょう。現地には多数の警察が警備していました。

しかしながらイタリア周遊57日目にして、聖火ランナーに向け幅広い年齢層からたくさんの応援・羨望のまなざし・感動がありました。バッレディブッソレーノの中心都市コンドーヴェでは2・3千人の人がオリンピックの象徴を一目見ようと集まりましたが、結局現れず大きな落胆となりました。

2006年トリノ冬季オリンピックの開催式5日前にして外交上の衝突はトリノのリンゴットでの会議にてジャック・ロッジェCIO会長と国際オリンピック協会代表者らをいらだたせました。またTOROCの指揮監督マリオ・ペスカンテ氏は激怒し、この事件の度重なるTAV反対運動による聖火リレーへの抗議にたいしてCIOに謝罪しなければいけないと宣言しました。

「辛さと困惑を覚える。」とペスカンテ指揮監督は打ち明けました。「私はロッジェCIO会長と話したばかりで今回の出来事に対し謝罪するため役員会で発言するスピーチを見直しています。」また、ペスカンテ指揮監督はまだ何が起こるか全くわからない、だれの制御も効かない状態だと説明します。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati