ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 発音と読み方

イタリア語の発音と読み方

イタリア語の発音

イタリア語の発音は、日本語の発音と似ていて一音が子音+母音となることが多く、比較的母音をしっかり発音するのが特徴です。例えばi ta li a はイ タ リ アと一音一音に母音が入っていて、ローマ字読みで読んだまま発音すればOKです。また、母音と母音が二つ連なる場合は半母音と呼ばれ、会話中の発音上一つに連なった感じで発音される場合があります。italiaのliaはリャのように一音で発音するような感じになります。

イタリア語の母音

母音aeiou
読み方

イタリア語のアルファベット

イタリア語のアルファベットは基本的に英語と同じと考えてOKです。ただイタリア語独自の呼び方があり、J K W X Yはもともとのイタリア語ではなく外国語に使われます。

アルファベット呼び方
A
B
C
Dディ
Eエー
Fエッフェ
Gジー
Hアッカ
Iイー
Jイ ルンゴ
Kカッパ
Lエッレ
Mエンメ
Nエンネ
Oオー
Pピー
Qクー
Rエッレ
Sエッセ
Tティー
Uウー
Vヴー
Wドッピオヴー
Xイクス
Yイプシロン
イ グレーコ
Zゼータ

イタリア語の読み方

イタリア語は日本語の発音と似ていることから基本的にローマ字読みでOKです。ただ例外のルールがいくつかあり、例外のルールさえ覚えておけば意味はわからなくても声に出して読むことができます。以下のルールを押さえつつローマ字読みをしてどんどんイタリア語を読むのに慣れていきましょう。

  • イタリア語の読みがローマ字読みと一番異なるのが下の場合です。例えば、geはイタリア語読みの場合「ジェ」と発音し、Geisya(芸者)と書くと「ジェイシャ」と発音されます。日本語のように「ゲイシャ」と発音してもらうにはhを入れて「ghe」にする必要があります。
    綴り発音
    ci
    ceチェ
    chi
    che
    sci
    sceシェ
    schiスキ
    scheスケ
    gi
    geジェ
    ghi
    ghe
  • 「z」はザ行の場合とツァ行のような発音になる場合の二通りになります。
    綴り発音
    zaino
    (鞄)
    ザーイノ
    pizza
    (ピザ)
    ピッツァ
    zanzara
    (蚊)
    ザンザーラ
    zio
    (叔父)
    ズィーオ
    ツィーオ
    どちらも使われます
  • 「h」は基本的に発音しません。ただ「ho」と「o」では微妙な違いがあり、hが付くと口を少し広く開けて息を吐く感じ、hなしは日本語の普通の「お」の発音になります。
  • 「si」と「sci」も微妙な発音の違いがあります。「si」はスィのように発音し「sci」は英語の「sh」や日本語のシのように息の音が入った感じになります。
  • 「zi」と「gi」も「si」と「sci」同様、「zi」はズィのように「gi」は日本語のジのようになります。
  • 「s」はサ行とザ行に分かれ、母音ではさまれた時・「b・v・d・g・r・l・m・n」が後ろに来る時にザ行になり、それ以外はサ行になります。casaはsが母音で挟まれてるのでザ行の発音になり「カーザ」となります。

その他にも細かい例外がありますが、言葉は慣れが肝心。イタリアンレストランの看板でもメニューでも何でも口に出して読んでみてください。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

THE OUTNET 728x90 2