ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

近過去 助動詞の選び方 avereをとる動詞

「~した」を表す近過去はavere+過去分詞またはessere+過去分詞で作ることができると前回勉強しました。過去分詞は過去時制などを作る際必要になってくるんで不規則変化のものもしっかり覚えておいてください。今回は過去を表す助動詞にavereを取るかesseseを取るか動詞によって違ってくるんでその選び方を勉強しましょう。

ほとんどの動詞がavereを助動詞に取るんでessereを取る動詞以外と覚えたほうが早いんですが、しいて言えば何かの行為・動作を意味する動詞にavereが使われます。さっそく例文を見て近過去の形に慣れてください。

  • Ho mangiato un gelato ieri sera. (私は昨夜アイスクリームを食べました)
    avere+mangiato(mangiareの過去分詞)
  • Abbiamo parlato della notizia. (私たちはその知らせについて話しました)
    avere+parlato(parlareの過去分詞)
  • Hai visto questo film? (君はこの映画見ましたか?)
    avere+visto(vedereの過去分詞)
  • Ha aperto la scatola. (彼はその箱を開けました)
    avere+aperto(aprireの過去分詞)
  • Ti ho detto di no. (ちがうと君に言っただろ)
    avere+detto(direの過去分詞)
  • Avete fatto i compiti? (君たちは宿題をしましたか?)
    avere+fatto(fareの過去分詞)
  • Abbiamo dormito fino a mezzogiorno. (私たちは正午まで眠りました)
    avere+dormito(dormireの過去分詞)
  • Ho corso nel campo. (私はグラウンドを走りました)
    avere+corso(correreの過去分詞)

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati