ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 直接法前未来

直接法前未来

直接法前未来の用法

直接法前未来とは「〇〇の時には~し終わっているだろう」や「~した後で~しよう」のように未来のある時点ですでに終わっていることや完了している事柄、また過去の時点においての推測を表します。

直接法前未来の形

前過去は過去を表す助動詞essere・avereの未来形+動詞の過去分詞の形をとります。助動詞essere、avereどちらをとるかは近過去と同じで動詞によって異なります。

直接法前未来を使った例文

  • Domani a quest'ora sara' finito il film.
    (明日のこの時間には、その映画は終わっているだろう)
  • Quando avrai compiuto 20 anni prenderai la patente di guida.
    (君は20歳になってから、運転免許を取るでしょう(20歳になったら取っても良い))
  • Dopo che avra' chiuso la finestra andra' a dormire.
    (彼は窓を閉めてから、就寝するでしょう)

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

theory 674×227 2