ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 条件法

条件法

条件法の用法

条件法とは、現在の事実に反する事柄や実現の低い事柄、推測や伝聞、語調を和らげる時に使われる法です。活用語尾が直接法未来と似ているので注意をして覚えてください。

条件法の活用表

条件法の活用は、語幹は直接法未来と同じで、語尾は規則動詞・不規則動詞で共通しています。

amare
(-are動詞)
temere
(-ere動詞)
sentire
(-ire動詞)
io amerei temerei sentirei
tu ameresti temeresti sentiresti
lui amerebbe temerebbe sentirebbe
noi ameremmo temeremmo sentiremmo
voi amereste temereste sentireste
loro amerebbero temerebbero sentirebbero
essere
(である)
avere
(持っている)
andare
(行く)
io avrei sarei andrei
tu avresti saresti andresti
lui avrebbe sarebbe andrebbe
noi avremmo saremmo andremmo
voi avreste sareste andreste
loro avrebbero sarebbero andrebbero

条件法過去の作り方

条件法過去は、直接法近過去と同様avere+過去分詞essere+過去分詞になります。

avereをとる動詞 essereをとる動詞
io avrei + 過去分詞 sarei + 過去分詞
tu avresti + 過去分詞 saresti + 過去分詞
lui avrebbe + 過去分詞 sarebbe + 過去分詞
noi avremmo + 過去分詞 saremmo + 過去分詞
voi avreste + 過去分詞 sareste + 過去分詞
loro avrebbero + 過去分詞 sarebbero + 過去分詞

語調を和らげる

希望や意見を述べる時、条件法を使うと語調を和らげます。

  • Vorrei 2 biglietti, per favore.
    (切符2枚ください)
    voglioを使うよりも丁寧で大人な表現になります
  • Mi piacerebbe andare al cinema.
    (映画館に行きたいなぁ)
  • Dovresti tornare a casa presto.
    (早く帰宅した方が良いですよ)
    deviを使うよりも丁寧で大人な表現になります

伝聞を表す

ニュースなどで聞いたことなどを伝えるのに条件法を使います。

  • Ci sarebbe stato un incidente in centro.
    (中心街で事故があったようです)

過去時制においての未来を表す

条件法は過去時制における未来を表す時に使います。

  • Mi ha detto che avrebbe fatto una festa.
    (彼はパーティーを開くと私に言いました)
  • Il professore ha detto che avrebbe fatto un esame.
    (先生は試験をすると言いました)

条件法は上記の他に仮定文において結果を表す時に使います。別の回に分けて説明します。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

セフィーヌ 公式オンラインショップ 728x90 1