ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 関係代名詞2

関係代名詞2

その他の関係代名詞の用法

イタリア語の関係代名詞はche・cuiである程度対応できますが、その他にもいくつか関係代名詞があります。あまり使わないものもありますが出てきた時のために理解しておきましょう。

関係代名詞chiの用法

関係代名詞chiは、「~する人」を意味します。先行詞は必要なく、単独で主語や目的語になります。動詞の活用は三人称単数男性になります。関係代名詞chiは「le persone che」で置き換えることができます。

  • Chi dorme non piglia pesci.
    (眠る人は魚が捕れない=早起きは三文の徳)
    ことわざなのでこのまま使いますが「le persone che dormono non pigliano pesci」と言い換えることができます
  • Chi non lavora non mangia.
    (働かない者は食べない=働かざる者食うべからず)
    これもことわざなのでそのまま使いますが「le persone che non lavorano non mangiano」で言い換えることができます

関係代名詞quantoの用法

関係代名詞quantoは、「~するもの(すべて)」「~すること(すべて)」を意味します。先行詞は必要なく、単独で主語や目的語になります。関係代名詞quantoは「tutto quello che」や「tutto cio' che」で置き換えることができます。また、複数形quanti・quanteは数えられる人・ものを意味し、「tutti quelli che」や「tutte quelle che」で置き換えることができます。

  • Questo e' quanto ti posso dare.
    (これが君に与えられる全てです)
    「tutto quello che」や「tutto cio' che」で言い換えることができます
  • Per quanto riguarda il progetto Mario e' responsabile.
    (そのプロジェクトに関してはマリオが責任者です)
    「per quanto riguarda」で「~に関しては」という熟語表現で関係代名詞quantoが使われ「quello che」や「cio' che」でも言い換えることができます
  • Alla festa puoi invitare quanti vuoi.
    (パーティーに招待したい人はみんな招待して良いよ)
    「tutti quelli che」で言い換えることができます

関係副詞doveの用法

関係副詞doveは、場所を表す先行詞と一緒に用いられ、「a cui」や「in cui」で置き換えることができます。

  • Un giorno vorrei visitare la citta' dove abiti.
    (いつか君が住んでいる街を訪れてみたいな)
    「la citta' in cui abiti」と言い換えることができます
  • Ci vediamo al parco dove ci siamo incontrati.
    (私たちが出会った公園で会いましょう)
    「al parco a cui ci siamo incontrati」でも言い換えることができます

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

THE OUTNET 728x90 3