ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

形容詞の基本形

名詞を修飾する言葉を「形容詞」と呼びますが、イタリア語の形容詞は名詞のすぐ前(定冠詞・不定冠詞がある時はその後)に置く場合と後ろに置く場合があります。いずれの場合も、基本は名詞の性・数に形容詞も合わせるということです。 形容詞の語尾はo・i・a・eと変化するものとe・iと変化するものの2種類があります(これは名詞の性数変化と同じですね)。不定冠詞・定冠詞と同様慣れると自然と名詞の性数に合わせられるようになりますので口に出してしっかり練習しましょう。

まずは、o・i・a・eと変化するタイプの形容詞、nero(黒い)を見てみます。男性単数形の名詞につく場合はneroとそのまま変化しませんが、女性単数形の名詞ならneraと語尾がaに変わります。 男性複数形ならneri、女性複数形ならnereと変わります。この変化は名詞を単数形から複数形に変える時と同じです。男性名詞のlibro(本)に形容詞nero(黒い)をつけるとlibro nero(黒い本)となり、複数だとlibri neriとなります。

女性名詞penna(ペン)に形容詞nero(黒い)をつけるとpenna nera(黒いペン)となり複数形はpenne nereとなります。形容詞の語尾は名詞の性・数に合わせればいいので、性・数不規則変化する名詞であっても名詞の語尾に惑わされず形容詞は名詞の性・数に合わせてください。例えばdito(指)は単数は男性形なのに複数になると女性形になる不規則な変化をします。ditoにcorto(短い)をつけるとdito corto(短い指)となります、複数形になるとdita corteと形容詞も女性形複数になります。dita cortaではありません。

次にe・iと変化する形容詞verde(緑の)を見てみましょう。男性・女性単数形の名詞にはverde、男性・女性複数形の名詞にはverdiとなります。つまり男性・女性関係なく単数ならこのタイプの形容詞の語尾はeに複数ならiになります。libro(本)にverde(緑の)をつけるとlibro verde(緑の本)、複数の時はlibri verdiです。女性名詞のpenna(ペン)につけても単数ならpenna verde(緑のペン)となり複数ならpenne verdiとなります。

とにかく形容詞はかかる名詞の性・数に合わせると覚えてください。また形容詞が-caで終わる場合複数になると-cheになるなど語尾の変化は名詞の語尾変化と同じです。penna lunga(長いペン)を複数にするとpenne lungheとgaがgheとなりhが入ることに注意してください。

形容詞を置く位置ですが名詞のすぐ前に置かれる場合と後ろに置かれる場合があります。たいてい後ろに置かれその名詞の特徴・状態を説明するのですが、前に置かれた場合少し違った意味合いを持ったり主観的な意味になります。この形容詞を前に置くのか後ろに置くのかはその形容詞の持つ意味で違ってきたり文の内容でも違ってきます。

他と比べてどうだなどの状態を説明する時は名詞の後ろに、bello(凄い)やbuono(良い)など主観的な意味で使う時は前に置くというおおまかなルールがあるのですが、頭で考えるのではなく、たくさんのイタリア語に触れて自然に形容詞が付けられるようにしていかないといけません。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati