ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

近過去 基本の形

近過去とは近い過去と書きますが昨日の事であっても10年前の事であっても「~した」なら近過去です。「~した」という時はたいていこの近過去を使います。過去の状態・継続を表すのは後で勉強する半過去になり、細かく過去の前後関係を表すときは大過去なども使います。まずは単純に「~した」を表す過去を勉強しましょう。

近過去は英語の現在完了形(have+過去分詞)のような形を取り、avere+過去分詞essere+過去分詞が近過去「~した」を表します。このavereやessereは助動詞で、時制を表すために用いられavere・essere動詞本来の意味「持っている」や「~である」の意味はありません。過去時制を表す目印のようなものだと思ってください。potere+不定詞やvolere+不定詞で勉強したようにこの助動詞avereやessereを主語に合わせて活用します。

また、動詞によってavereを使うかessereを使うかが決まっています。例えばmangiare(食べる)だとavereを用いmangiareを過去分詞(mangiato)にしho mangiatoで「私は食べました」となります。andare(行く)だとessereを用いsono andatoで「私は行きました」となります。動詞によってavereを用いるかessereを用いるか違います、このavereかessereの選択は次で勉強することにして、今回は過去分詞の作り方を勉強しましょう。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati