ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 知覚動詞

知覚動詞

知覚動詞の用法

知覚動詞とは、「見る」「聞く」「感じる」などを表す動詞のことで、主にvedere(見える)、sentire(聞こえる)、udire(耳にする)などが知覚動詞にあたります。イタリア語では英語と同様、知覚動詞を使い目的語に動作を加える時は不定詞(動詞の原形)を使います。

代表的な知覚動詞

vedere
(見える)
guardare
(見る)
sentire
(聞こえる)
udire
(耳にする)
ascoltare
(聞く)
notare
(気づく)
avvertire
(感じる)
osservare
(観察する)

知覚動詞を使った例文

  • Ho visto un ragazzo entrare in ufficio.
    (私は少年が事務所に入るのを見ました)
    知覚動詞+目的語+不定詞の形です
  • Ho sentito una ragazza cantare.
    (私は少女が歌っているのを聞きました)
  • Ho sentito cantare una ragazza.
    (私は少女が歌っているのを聞きました)
    知覚動詞+不定詞+目的語の形でも表せます
  • Ho visto arrabbiarsi Mario.
    (マリオが怒るのを見ました)
    arrabbiarsiのように再帰代名詞は動作主によって変わります
  • Mi sento volare.
    (私は飛ぶような感じがします)
    sentirsi+動詞で「自分が~するのを感じる」という意味になります

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

THE OUTNET 728x90 2