ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 直接法未来

直接法未来

直接法未来の用法

イタリア語の未来形は「~するだろう」や「~であるだろう」のように未来の行動や現在の推測を表します。動詞の活用形は他の時制と同様、主語によって活用がそれぞれ異なりますが、それほど複雑ではないのでしっかり覚えて動詞の幅を広げましょう。なお、イタリア語は直接法、接続法、条件法、命令法など〇〇法と文法上分類されますが、直接法とは話者にとって確かな事柄を表す時に使います。

規則変化動詞の活用形

規則変化をする基本動詞の活用表を見ていきます。規則変化動詞は-are動詞のaがeになるのに注意してください。

第一変化動詞
-are
第二変化動詞
-ere
第三変化動詞
-ire
主語 amare
(愛する)
temere
(恐れる)
aprire
(開ける)
io amero' temero' apriro'
tu amerai temerai aprirai
lui amera' temera' aprira'
noi ameremo temeremo apriremo
voi amerete temerete aprirete
loro ameranno temeranno apriranno

不規則変化動詞の活用形

不規則変化をする動詞の活用表を見ていきましょう。

主語 essere
(である)
avere
(持っている)
andare
(行く)
venire
(来る)
io saro' avro' andro' verro'
tu sarai avrai andrai verrai
lui sara' avra' andra' verra'
noi saremo avremo andremo verremo
voi sarete avrete andrete verrete
loro saranno avranno andranno verranno

未来形を使った例文

  • L'amero' per sempre.
    (私は、一生彼(彼女)を愛すでしょう)
  • Domani andrete al cinema?
    (明日、あなたたちは映画館に行きますか?)
  • Saranno famosi.
    (彼らは有名になるでしょう)
  • Dov'e' Marco? Sara' in ufficio adesso.
    (マルコはどこにいるの?彼は今、事務所にいるでしょう)
    現在の状況についての推測を意味します

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

MoMA STORE 640x100 2