ITAMANI
イタリア語学習の手引き

イタリア語文法 接続法過去・半過去・大過去

接続法過去・半過去・大過去

接続法過去・半過去・大過去の用法

前回、接続法の用法を勉強しました。接続法の活用は現在のみだったので、今回は接続法過去・接続法半過去・接続法大過去も見ていきましょう。

接続法過去の作り方

接続法過去は、直接法近過去と同様avere+過去分詞essere+過去分詞になります。

avere essere
io abbia + 過去分詞 sia + 過去分詞
tu abbia + 過去分詞 sia + 過去分詞
lui abbia + 過去分詞 sia + 過去分詞
noi abbiamo + 過去分詞 siamo + 過去分詞
voi abbiate + 過去分詞 siate + 過去分詞
loro abbiano + 過去分詞 siano + 過去分詞

接続法半過去の作り方

接続法現在は単数形は全て同じでしたが、接続法半過去は1人称単数・2人称単数のみ同じとなります。接続法半過去も主語が明らかではない場合は主語人称代名詞(io、tu)を加えて明確にする必要があります。

lavare
(-are動詞)
temere
(-ere動詞)
sentire
(-ire動詞)
io lavassi temessi sentissi
tu lavassi temessi sentissi
lui lavasse temesse sentisse
noi lavassimo temessimo sentissimo
voi lavaste temeste sentiste
loro lavassero temessero sentissero
avere essere stare
io avessi fossi stessi
tu avessi fossi stessi
lui avesse fosse stesse
noi avessimo fossimo stessimo
voi aveste foste steste
loro avessero fossero stessero

接続法大過去の作り方

接続法大過去は、接続法過去と同様、接続法半過去のavere+過去分詞essere+過去分詞になります。

avere essere
io avessi + 過去分詞 fossi + 過去分詞
tu avessi + 過去分詞 fossi + 過去分詞
lui avesse + 過去分詞 fosse + 過去分詞
noi avessimo + 過去分詞 fossimo + 過去分詞
voi aveste + 過去分詞 foste + 過去分詞
loro avessero + 過去分詞 fossero + 過去分詞

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati

THE OUTNET 800x560 8