ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

動詞の現在形 規則変化

動詞の現在形の活用には基本的に3種類あります。その3種類を覚えてしまえばいろんな動詞に応用できるので、しっかり覚えて動詞の幅を広げましょう。

規則変化動詞は語尾の形で3つのグループに分かれます(-are・-ire・-ere)。さらに-ire動詞も2つのグループに分かれますが、まずは活用表を見ていきましょう。

  第一変化動詞
-are
第二変化動詞
-ere
第三変化動詞
-ire
amare
(愛する)
temere
(恐れる)
aprire
(開ける)
finire
(終える)
io amo temo apro finisco
tu ami temi apri finisci
lui ama teme apre finisce
noi amiamo temiamo apriamo finiamo
voi amate temete aprite finite
loro amano temono aprono finiscono

見ての通り-are動詞-ere動詞-ire動詞と3つのグループに分かれます。日常よく使う動詞は不規則変化が多いのですがそれ以外はすべてこの3つのグループのどれかに当てはまります。規則変化なので表さえ覚えてしまえば知らない動詞でも活用できるようになります。

まず主語にio(私)がくると-are・-ere・-ireはoになります、これはどのグループでも同じですね。tu(君)の場合も語尾がiとなります。luiなどの三人称単数が主語のときは-are動詞はa、その他はeです。-ire動詞はiとしがちですがtuの活用と区別するためeになるんですね。イタリア語は活用語尾で主語を表すことが多いんできっちり分けないといけないんでした。主語がnoi(私たち)の時はすべて-iamoになり、voi(あなたたち)は-are・-ere・-ireのreの部分をteに変えるだけです。三人称複数loro(彼ら)の時は-ano-onoです。-inoとか-enoにしてはいけません。

覚えやすいio・tu・noi・voiの活用を先に覚え他は練習してゆっくり慣れていってください。慣れればこの活用、口から勝手に出るようになりますのであせらず練習しましょう。

-ire動詞ですがこれは2つのグループに分かれます。他の-are動詞・-ere動詞と同様に変化するものと-iscを付け加えるもの。この-iscを加える-ire動詞でもnoi・voiにはつけ加えないんで注意してください。

では、この-ire動詞どれが-iscとなるのかですが、これは一つ一つ覚えていくしかありません。-ire動詞を見つけたらこれはどちらのタイプかな?と少し注意してください。-ire動詞の-iscになる主な動詞を挙げておきます。finire(終える)・capire(理解する)・pulire(きれいにする)・preferire(~を好む)・spedire(送る)・costituire(建てる)・ubbidire(従う)など。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati