ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

動詞の現在形 補助動詞

補助動詞とは「~できる」「~したい」などの意味を付け加える動詞です。英語でいう「can」や「must」にあたる動詞でこの補助動詞の後に動詞の不定詞(原形)をおいて使われます。まずは活用を見ていきましょう。

volere
(~したい)
potere
(~できる)
dovere
(~しなければならない)
io (私) voglio posso devo
tu (君) vuoi puoi devi
lui・lei・Lei・ecc
(彼・彼女・あなた等)
vuole puo' deve
noi (私たち) vogliamo possiamo dobbiamo
voi (あなたたち) volete potete dovete
loro (彼ら)・ecc vogliono possono devono

これらの補助動詞の後に不定詞をおいて「~したい」・「~できる」・「~しなければならない」という意味になります。補助動詞の後は不定詞(原形)でないといけないので補助動詞を活用して主語を表します。またvolereはそのまま普通の動詞として「~が欲しい」という意味にもなります。potereは可能性として「できる」という意味で「私はイタリア語が話せる」や「私は飛行機を操縦できる」のときはsapere(~を知っている・~できる)を使います。sapereは後ほど勉強します。dovereは「~しなければならない」の他「~にちがいない」という意味もあります。

  • Voglio andare in Italia. (私はイタリアへ行きたい)
    voglioがvolereの活用形でその後に動詞の不定詞(原形)andareをおきます。
  • Vogliamo andare in Italia. (私たちはイタリアへ行きたい)
    主語を私たちにしてみました。
  • Ho voglia di andare in Italia. (私はイタリアへ行きたい)
    avere voglia di-を使うとこうなりますね、主語は私です。
  • Posso andare in Italia. (私はイタリアへ行くことができる)
    possoがpotereの活用形でその後に動詞の不定詞がきています。可能性として「できる」です。
  • Puo' andare in Italia? (あなたはイタリアへ行けますか?)
    puo'はあなた(敬称)の活用形です、疑問文でも補助動詞+動詞の位置は同じです。
  • Devo andare in Italia. (私はイタリアへいかなければなりません)
    devoがdovereの活用形です
  • Deve essere mio padre. (彼は私の父親にちがいない)
    dovereは「~にちがいない」という意味もあります。「Lui e' mio padre.」(彼は私の父親です)にdovere(~に違いない)を加えた文です。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati