ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

サルデーニャ旅行 2日目

イタリア、サルデーニャ旅行から帰ってすでに一週間経っちゃいましたが
忘れないうちに旅行記2日目~。
朝起きたらもうそこはサルデーニャ(´ー`)
ジェノバからサルデーニャ北部のポルトトッレスの港に着いたのは朝の7時くらい
また乗った時と同じく車ごと船から降りて目指すはカリアリ~。
サルデーニャ島を車で南北縦断です。
やっぱりミラノとは何かが違いますねぇ。
低い山がいっぱいあって羊やら山羊やらが放牧されてるのを
横目で見ながら高速を飛ばして1時間。
(それ以上かかったかもしれないけど寝ぼけてて詳しく覚えてません)
到着しましたカリアリの街。
南国を思い浮かべるヤシの木が道にそって植えてあるョ。
それにしても暑いんです。
ミラノじゃコートとマフラー着けてたのに、カリアリはセーター1枚でOKなくらい。
まずは予約していた宿を探すことに
慣れない街を車で移動しながら道聞きまくってようやく発見。
そこそこいい感じ。d(゚ー゚*)
サルデーニャ島部屋
宿はホテルじゃなくてB&B(ベッド&ブレックファースト)にしました。
実際、朝食は菓子パンとコーヒーが置いてあっただけで
B&Bというよりウィークリーマンション借りた感じです。
部屋は綺麗だしキッチン付き、自由に使えるのがいいねぇ。
サルデーニャ島部屋
キッチン
それでいて1日25ユーロはお得ですな。
船旅で疲れてたんでしばし休憩してから海でも行こうってことになりました。
目指すはカルボナーラ岬~。
道間違いまくって着くころには日が暮れてるんじゃないかと
心配したけどなんとかビッラシミウスに到着。
近くの海でぼけ~として写真撮って帰ってきました。
カルボナーラ岬には道が見つからなかったのと
暗くなる前に帰りたかったんで行ってません・・・。
あと5kmほど、目の前にあったのに残念。
サルデーニャの海
うっすら見える島がカルボナーラ岬
夜はサルデーニャ郷土料理を食べようってことで
慣れない道を迷いに迷ってたどり着いたレストラン"Su Cumbidu"
値段も確認しないうちに入ってメニューを待ってたらいきなり前菜運んできたよォィ・・・。
しかも次から次へと前菜山盛り・・・。
この店メニューはコース1つだけだったのです。
激高だったらどうしようっていう心配はよそにじゃんじゃん運んできます。
アンティパスト
下にひいてるのがカルタディムジカ
前菜は野菜のマリネ盛り合わせとハム・チーズ盛り合わせの2皿。
パスタはリコッタリーズのラビオリとミントの丸っこいパスタの2種。
メインはイノシシ・子豚・牛のグリル盛り合わせ。
サラダとデザート、食後酒のグラッパ、カフェと進んで
お水、ワイン、パン付きでさぁお値段は?
1人25ユーロ。
まぁこんだけ食べて25ユーロはそこそこですな。
サルデーニャの郷土料理は
子豚のグリルとかリコッタチーズ、ワインにグラッパだったりします。
その他カルタディムジカっていう薄いパンが有名ですね。
その後、部屋に戻って眠りにつきました。
サルデーニャ旅行3日目に続く。

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati