ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

イタリアでイタリア本場の家庭料理

最近、イタリアにいながら外の国の料理ばっかり食べてますが
先日、昼休みのランチにちょっと風変わりな
イタリアのトラットリアに連れて行ってもらいました。
今日はそのレポートです。
場所は連れて行ってもらったんで詳しく覚えてないんですがナビリオの近くにあります。
一見、タバコ屋かバールのような感じでだれかタバコでも買うんかなと思っていたら
「ここだよ」って・・・。Σ(´д`ノ)ノ
しかもお店の外にはLatteria(牛乳屋)の文字が・・・。
みんな、不思議な感じでぞろぞろお店に入ると
やっぱりタバコ屋かバールみたいな小さなお店。
こんなところでお昼食べれるのかちょっと心配していると
店の奥のカーテンが開き
なんとその奥にはテーブルと椅子が並べてあるじゃないですか。
もう忍者屋敷に連れて行ってもらったかのような感じで
びっくりしていると、さらに奥に連れて行かれて
なんと、キッチンの中にあるテーブルに座ることになりました。
自分の座ったすぐそばにはハムスライサーやら冷蔵庫が・・・。
なんじゃこりゃ~!!( ´艸`)ふふ
こんなトラットリア初めてですよ。
飲み物にお水とワインを持ってきてもらい(お水は2Lのペットボトル)
メニューはどんなのがあるのかなと待っていると、なんとメニューはなし
すぐにパンとサラミ&ハムが運ばれてきました。
運ばれてきたというか自分の横でシニョーラがスライスして
そのままお皿にのせた感じ。
キッチン内なんでお皿が流しにのせてあったり
内装は綺麗とは言えないもののなんとも味のある雰囲気で
居心地のいい家庭風なところです。
次にパスタなんですがこの日はラザーニャとマッケローニのパスタでした。
シニョーラが女性は少量で、男性は普通の量と勝手に決めてるらしく
メンバーの女性一人が私は普通でってお願いしたところ
なんとラザーニャ大盛り、もちろん男性はてんこ盛り。
二人分くらいはあるラザーニャを食べることになりました。
このラザーニャがまたまたおいしい。
高級レストランのではなくイタリアの家庭の味というか
ミートソース、ホワイトソース、パスタがなじんで一つになった
そんな感じのラザーニャでした。
もうその時点でお腹いっぱいなのに次にメイン料理が。
これも男性用と女性用に分かれていて
男性には豚のロースト塊、女性は詰め物をした牛ロール(?)2切れ。
それに野菜の付け合せも付いてきます。
大盛りラザーニャの次はロースト塊ですよ・・・。
言っておきますがこれはランチです。
このロースト塊、食べてみるとこれまたおいしい。
おいしいんで全部残さず食べることができました。(○´∀`)ノ
(残すとシニョーラが怖いんでみんながんばって食べてました)
と、そこへいきなりシニョーラが別のお肉を自分のお皿へぽいっと。
椀子そばじゃないんだから・・・。Σ(´д`ノ)ノ
これまたおいしいんでペロリと食べると
またまたシニョーラが今度は巨大ソーセージをボンっと自分の所へ。
これはシニョーラの冗談で食べずに済んでホッ。(*´▽`)
このシニョーラ、ラジオに合わせて踊ったり旅行の写真見せてくれたり
感じのいい、いかにもイタリアのおば(あ)ちゃんって感じで
みんなのことを「bambini(子供たち)」って呼んでたのが印象的です。
そのあとドルチェにココナッツの入ったシフォンケーキと
ブラウニー風の焼き菓子が焼き型ごと持ってこられ勝手に切って食べてねって。
それにカフェ&バナナがついて
お値段たったの10ユーロ
本当にすごいトラットリアでした。
住所等わからないんですが、ナビリオ近くのタバコ屋風外観で
Latteriaの黄色い文字を見つけたらぜひチャレンジしてみてください。
(残すと怒られそうなんで空腹時にどうぞ)

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati