ITAMANI
イタリア語学習者のための学習の手引き

おうちでイタリアン 前菜編

今日はイタリア料理の中の前菜のお話です。
イタリア料理は普通、前菜・ピザ・パスタ・メイン・デザート・カフェと進みます。
どれもおいしくて捨てがたいけど、イタリアのレストランへ行ったら
前菜盛り合わせはぜひたのんでみてください。
レストランにもよるんだけど前菜バーなるものがあって、この盛り合わせを注文すると
自分で1皿分前菜取り放題なんですねぇ。
よく行くレストランの前菜は安くて種類も多くておいしい。
いつもそこへ行くと大好物のタコのマリネやエビのマリネを山盛りにして食べてますョ。
今日はおうちでイタリアン第一弾ということで、自分がうちでよく食べる前菜をご紹介。
前菜といっても買ってきて盛るだけですが・・・。
まずはハム系から。イタリアにいるからにはハム食べ放題なわけです。
生ハムだのサラミだの種類はいっぱい。特におすすめなのがハム塊。
なんと1kgがたったの4ユーロ(550円ほど)。これを少し分厚めに切って食べるんですねぇ。
幸せのひとときです。(´ー`)
次に魚介類。大好物のタコのマリネはスーパーで買うと割高です。
ミラノは魚介類全般高いんですねぇ、残念。
このタコマリネ、スーパーでも1パック200gほどで6ユーロ(750円ほど)とかします。
ミラノでは魚介類はレストランで食べましょう。お手ごろなのがサーモンの燻製(?)
200gで3ユーロ(400円ほど)1日で食べてしまったこともあります。
あと最近気になるのがイワシのマリネです。
ちょっと酢がきついんだけど癖になる味・・・。(*´▽`)
続いてチーズ。自分はあまりチーズ好きじゃないんですがフィラデルフィアみたいな
クリーム系チーズをグリッシーニにつけて食べてます。
同居人は、やれモッツァレラだのパルミジャーノだのスカモルツァだの
ゴルゴンゾーラだのそのまま食べてますが・・・。
あとよく食べるのがピクルス。
小さいきゅうりの酢漬けみたいなもので瓶に入って売ってるんですが、
小腹がすいたら1つカリッ、前菜に2つコリッてな具合です。
他にもフライ系だとかお米系だとかいろいろ前菜あるんですが、
自分がよく食べるのはこのくらいですね。イタリアンの前菜は日本でもよく売ってるし
作るのも簡単だと思います。
今夜はイタリアンな前菜を楽しんでみてはいかが?

イタリア語おすすめ参考書

Libri Consigliati

おすすめアイテム

Prodotti Raccomandati